Q??京友禅って??Q


 白生地に、花鳥風月などの模様を染め上げる京友禅。その華やかさは京友禅の大きな特徴です。
手描友禅と型友禅に大別されますが、手描友禅は、江戸時代中期(17世紀後半)に京都の宮崎友禅斉によって技法が大成され、友禅染の名前のもととなりました。
型友禅は明治初期に京都の広瀬治助によって開発されたもので、模様を写し取った型紙を使って染める技法です。
多くの工程を経てつくられる京友禅の華麗さは、わが国を代表する工芸品にふさわしいものです。
(引用:http://raku.city.kyoto.jp/m/sight/0502000049.html)

実は、結構ジーンズに直接描くのって、難しいんです。
京友禅絵師さんの中でも、描ける人は数少ないのです。。。
そんな絵を描ける、着物葵京友禅絵師 川瀬笙峰(かわせしょうほう)氏は、こちらでチェック!
 ⇒⇒⇒http://www.kimono-aoi.com/jeans/kawaseshi%20syoukai.html
ジーンズだけでなく、Tシャツなどにも書くことができます!他に描きたいお品がございましたらご相談ください。



お問い合わせはこちら⇒





京友禅オーダーメイドジーンズ 葵 あおい工房に戻る







                                                             copyright(c)2005 kimono-aoi. All Rights Reserved.